幅広い世代から活用されているマンスリーマンション

多様なニーズに応えられるマンスリーマンション

マンスリーマンションは月単位で借りられるマンションと考えられがちですが、実際には週単位程度から一年や二年程度まで借りられることが多くなっています。生活をするのに必要な設備が一通り揃っていることから、気軽に入居して生活を始められるのがメリットであり、多様なニーズに応えられる施設として支持されています。 そのメリットして重要なのは短い期間でも長い期間でも住むことができて、その手続きが容易であるという点です。賃貸物件を借りるよりも手間がかからずに住むことができて、ホテルに住むよりも安くて住み方にも自由があります。そのバランスのとれたサービス提供がされていることがマンスリーマンションが広く活用されるようになっている理由です。

世代を問わない利用者

マンスリーマンションを利用する人は世代を問いません。典型的と考えられているのが単身赴任をする社会人による利用であり、数週間や数ヶ月といった滞在にはもともとうってつけのものとしてよく利用されてきました。一方、高校生であれば受験のための一時滞在先として活用されることが多くなっています。 高齢者となって年金生活を始めると賃貸物件の契約が難しくなることも多く、住処としてマンスリーマンションを利用することも珍しくありません。こういった使い方は高齢者に限らず、賃貸物件を借りる代わりにマンスリーマンションで生活することを選ぶということも見られるようになってきました。家具や家電の手配が必要ないこともあって、引越しの際にもフットワークを軽くしておけるというメリットがあるからです。